ウィリアム ヒル アプリ

お知らせ
  • ホーム
  • ニュース
  • みんなのコード、D&I AWARD 2023において「スタンダード」認定を取得

みんなのコード、D&I AWARD 2023において「スタンダード」認定を取得

お知らせ

 特定非営利活動法人みんなのコード(東京都渋谷区、代表理事:利根川 裕太、以下みんなのコード)は、株式会社JobRainbow(代表取締役CEO:星 賢人)が主催するD&I AWARD 2023において、「スタンダード」認定されたことをお知らせします。

⚫︎「D&I AWARD 2023」とは

 D&l AWARDは、ダイバーシティ&インクルージョンに取り組む企業を認定・表彰する日本最大のアワードです。認定では、100項目の「ダイバーシティスコア」を指標として、参加企業のD&Iの取組みを評価・採点します。スコアに応じて4つのグレード(ビギナー、スタンダード、アドバンス、ベストワークプレイス)の認定をするものです。

⚫︎みんなのコードが「スタンダード」に認定された背景

 「ダイバーシティスコア」は、「ジェンダーギャップ」「LGBT」「障害」「多文化共生」「育児・介護」のスコアで評価・採点されます。

 みんなのコードは、「誰もがテクノロジーを創造的に楽しむ国にする」をビジョンに掲げ、2015年の団体設立以来、小学校・中学校・高等学校及び地域において、プログラミング教育を中心に情報教育の発展に向け活動してきました。

 私たちがビジョンを実現するために大事にしている問いは、果たして「誰も」に届けられているか、ということです。私たちは、この問いをもとにさまざまな格差を埋める取り組みを行っていますが、特にテクノロジー分野においては大きなジェンダーギャップが認められるため、みんなのコードでは、重点的な取り組み事項として社内外でアクションを重ねています。

⚫︎みんなのコードの取り組み

テクノロジー分野におけるジェンダーギャップの解消に関する取り組みについて